FC2ブログ

ロッキングメカ・調整

弾丸を発射する時、レシーバーとボルトはガッチリとロックされていなければなりません。
弾が発射され、その後、レシーバーとボルトのロックが外れボルトは大きく後退をし、薬室内のケースを排し、次弾発射の準備を行います。

グリセンティは、回転するロッキングブロックがレシバーとボルトを固定し、レシーバーが少し後退(ショートリコイル)するとロックが解除される仕組みになっています。

部品制作には時間は掛かりませんが、調整に切ったり貼ったりで時間を費やしました。


レシーバの中にボルト、下からロッキングブロックが入ります


ロッキングブロックには前向きにテンションが掛かりますが、実銃はグリップ後下から伸びる板バネです。
グリップ強度から、また、簡素化からねじりコイルバネ(ピアノ線から制作)にしました。部品図ではリコイルスプリングとなっていますが、別部品にバレルリターンスプリングもあり、ダブったところもあるような・・・


ホールド オープンキャッチのフレーム側を接着


ロックしています


レシーバーが少し後退し、ボルトが開放されます。再びボルトがレシーバー内に完全に入らないとレシーバーは前進しません。

次はホールド オープンキャッチ、引き金関係です。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR