FC2ブログ

餅つきボランティア

もうすぐお正月。
ぼくが幼い頃、師走の末になると朝からあちこちで、餅つきの音が聞こえ、その音で目が覚めたものです。
今では個人の家で餅つきをすることは皆無かもしれません。
しかし、年末の餅つきは日本の風物詩であり、餅つきとなると人も集まってきます。

地区内の施設で餅つきのお手伝い要請があり、参加してきました。
餅つきは、多分人生2回目。もう30年前に子供の保育園行事以来と記憶しています。今回はボランティアと言うよりも自分のレクレーションみたいなものでルンルンで参加しました。


介護老人保険施設「ピアハウス高知」


お手伝いは餅つきのベテラン揃い、僕は若手?見習いです。


この臼、天保15年辰年・氏子と記されています。天保15年は1844年、天保と言えば大飢饉(天保4~10年)、飢饉が過ぎて5年経ち、やっと安定した頃、神社へ、氏子たちが感謝をこめて奉納したのでしょうか。石臼に掘り込まれた文字に感動をします。


近くの保育園から見学と、お年寄りとの交流にやってきました。


子供たちも餅つき体験


屋内では、みんなで餅丸め?を楽しんでいました。
今日の餅米は35kg、何個の餅が出来たでしょう?


傍では施設で飾る「門松」を作っていました。
一年は早いですね・・・感想{/お正月/}

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR