FC2ブログ

南部式大型自動拳銃・・5  調整

部品が出揃いました。
仮組みをして、動く部分の調整です。実銃は爆発の衝撃があり、充分な耐久力と安全性が必要ですが、木の模型はこれらは無視です。オリジナルを参考に、出来る限り簡素化するようにしています。

レシーバーとボルト、ロッキングブロック。弾丸が発射する時、レシーバーとボルトは強く噛みあって(ロック)いなければなりません。これを繋ぐのはロッキングブロック。弾丸が発射された後、レシーバーとボルトは少し後退(ショートリコイル)しロッキングブロックが下がりロックが解除されます。


花模様の丸い部品を左回転させるとコッキングピースが外れ、バレル・レシーバーは前へ抜くことが出来ます。
  

トリガー、シャーバー、ファイアリングピンのの関係。


マガジンキャッチ。マガジンキャッチを少し押すとマガジンが抜けます。更に押すとトリガーアッセンブリーが下方へスライドして外すことが出来ます。


調整は何とかクリアー。
いよいよ、最終磨きと、ウレタン塗装です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR