FC2ブログ

押し入れ工作室

長野県北部地震は改めて地震の怖さ、想像をはるかに超えるそのエネルギーの巨大さに恐怖を感じました。

高知県でも近い将来、南海トラフ巨大地震が必ず起こります。
南海巨大地震の学習会や講演会に何度か参加しましたが、具体的な発生年度はとの質問がでます。
その答えとして、2030年や2037年と言うお話も伺いました。これは出まかせではありません。
専門的研究の結果であり、この前後に起こりうる可能性が大ということです。

僕たちはこの災害に対して準備をし、命を守り、被害を最小限に食い止めなければなりません。

で、僕はその準備をしているかと言えば、行き場を失った模型の箱が箪笥の上に積みあがったり、水や食料の備蓄は一切なし等、具体的行動は皆無と言う状況です。

我が家は新しい耐震基準以前の建築であり、耐震診断では、南海巨大地震で倒壊すると言う結果報告がありました。
耐震工事は決して安い費用ではありません。人生、山を転がり落ちている現状での出費は将来を考えると、このままでいい、100%倒壊するとは限らないと言う考えもおこります。

結果、現在耐震工事中でもう一ヶ月を経過しています。工事に踏み切った理由は、家内の100歳まで生きると言う反論できない説得力、また、倒壊し生き延びたとしても避難所等、お世話を受ける立場になりうることで、出来れば、少しでも復興に役立つ立場にいたい考えです。

と言うことで、僕の猫の額ほどの工作室も、耐震工事が行われ、壁を壊し、筋交いや補強材が入り壁が厚くなり、狭い部屋が更に少し狭くなりました。工作室の工事は終わっていますが、現在、キッチンの工事でこの狭い部屋はレンジなどを移し、にわか台所となっています。
まだ暫くは木工作業はおやすみです。

工事中、狭いですね
IMG_3583a.jpg

無かった換気扇口をつけました
a.jpg

壁紙も新しく完成
IMG_3585a.jpg

今は臨時台所。住みながらのリフォームは大変です。
IMG_3589a.jpg

ネタが無かったので、暫く振りのブログ更新でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村←良かったらボチッ!

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト



プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR