FC2ブログ

ウインチェスターM1873とコルトSAA

今年も後、20数時間と迫ってまいりました。
νガンダム建設計画は、依然、計画のままです。年末は何かと慌しいですね。

更新もご無沙汰ですので、僕のお気に入りの銃を紹介します。
ウィンチェスターM1873&コルトSAAです。

西部開拓時代の銃器、ウエスタン・ムービーで名脇役として欠かせないのがこのライフル銃と拳銃です。
開発から150年近く経過をしていますが、デザイン、性能とも現在でも少しも色褪せていません。
現に今も、レプリカとして、また、改良されて生産されています。
僕が以前、勤めていたような記憶がある銃メーカーも「ウインチェスターM73・ジョンウェイ・モデル」を製造していました。

紹介の銃はメカも含めてウォールナット製、実銃のアクションを出来るだけ再現しています。
制作目標は、「かっこよい銃を、より美しく作る」ことです。






サイドからカートリッジ(木製)を入れ、レバーを前進させると、エレベーターで弾は持ち上がり、薬室へ挿入、それから、カートリッジの排出となります。




ストックは貴重な木目の良いアメリカ産ウォールナット

コルトSAA(シングル・アクション・アーミー)



エジェクター付近




シリンダーを外したところ


コルトSAAはウインチェスターM73と弾薬の互換性を持たせるため、.44-40弾を使用する物も存在していました。
木製44-40弾をストラップにしてみました。

皆さ~ん!良いお年をお迎え下さい{/嬉しい/}

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

続きを読む

スポンサーサイト



プラモ・ガンダム素組み

1/100「νガンダム“Ver.Ka"」を組み立ててみました。
部品数も多く、随分時間が掛かってしまいました。
塗装やスミ入れ、シールも貼っていません。ただ、組み立てただけですが結構見栄えがします。

ネットや模型雑誌で素晴らしい作品が紹介されていますので、写真を載せるのは恥ずかしい限りですが、
スッピンのνガンダムです。



本題のνガンダム制作ですが、「1/35スケール」としました。
素材は、メープルを主にウォールナットの素材を生かした木製ガンダムです。前作ガンダムと大きく変わるイメージです。

プラモ付属の図面を拡大し、1/100νガンダムと比較しました。小さいガンプラは1/144。
予定より少し大きいですが、挑戦してみます。



ヘッドから制作に入りますが、製作途中で後戻りしないように資料を煮詰め、本格制作は年明けからです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

νガンダム建造計画

新作の予定が無いまま、今年も後わずか{/まいった/}
あれもこれもと構想はあるのですが、決定打が・・・

先日、テレビニュースで「ガンプラ・コンテスト」をかなり長い時間、紹介をしていました。
一昔前のテレビでは、単なる紹介で終わっていましたが、テレビのデジタル化は小さなガンプラも大写しになり、作者の打ち込みようが見えてきます。

優勝をしたのは「ν(ニュー)ガンダム1/100」。このキットはヤフオクでも話題になっていました。

僕はガンダム世代ではありません。最近知ったことですが、僕の年代でガンダムやエヴァンゲリオンを知らない人の多いこと。
僕たちは鉄腕アトムや鉄人28号世代です。
数年前、ザクの制作をしたのを機にガンダム世界の造型に興味を持ちましたが、この世界の奥の深さも認識しました。

どんなものかな?早速、「νガンダム“Ver.Ka"」購入しました。新作の資料としてです。



木製ガンダムは制作していますが1/42スケールで、全高60cmのエヴァンゲリオンと並べるとどうしても負けます。

新作ガンダムは1/32スケールに決定{/ハート/}
とりあえず、キット付属の図面を拡大し、イメージしてみました。


 ガンプラの「1/144スケールRX-78-2」と大きさ比較

とりあえず、このキットの素組みをします。資料のひとつですので塗装や凝った作り方はしません。



組み立て途中ですが、このガンダム、1/100スケールで当然1/144よりは大きいのですが、さらに大きいように感じます。
調べてみるとRX-78の全高は18メートル、νガンダムは22メートル。1/32スケールでは少し大きすぎるかな?
もう少し資料を集めて検討をします。

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

サコーM60機関銃



展示して目立つのが、この「M60E3機関銃」です。
映画「ランボー」でも活躍しました。

制作して数年立ちますが、どの新作よりも存在感があるような気がします。
大きいことと、機関銃の持つメカニックな迫力でしょうか。

この銃の完成後、旧日本軍の九二式重機関銃を制作しようと資料を集めましたが、これがまた、超大きく制作に至っていません。






 
素材はオール、ウォールナット。 脚はボタンを押すとストッパーが外れ、閉じることができます。
実銃で可動するところは動くようにしていますが、全て木製で、いくら強度のあるウォールナットと言えども脚の付け根は一番弱いところですが、まだ、破損はありません。



この銃は木製ですが、電動メカを戯れに組み込んでみました。電動エアガンの端くれです。
メカは東京マルイの10歳以上用電動ガンからの流用で、フレーム内に入るように少し苦労をしています。
100発くらいは快調に連射できますが、威力は10歳以上用メカですのでそれなりです。


 組み立て前の部品


 電動メカボックス ケースは半分木製


 BB弾は上部カバーを開けて落下式給弾、ダミーカートリッジも木製




にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!
プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR