FC2ブログ

メカゴジラ 準完成

ウォールナット製メカゴジラ本体の完成です。

年末年始は活動を休んでいたと言え、予定から一ヶ月の遅れです。
締め切りがある訳ではないので、遅れても何の影響もありませんが、気持ちの区切りがないと性格上、たらたら制作になります。


 ウレタン光沢厚塗り仕上げです。関節(蛇腹)はつや消し。


 フギュアの命、目はラッカー仕上げです



 リベットが無いと面白味がありません





メカゴジラと同じ1/144スケールの74式戦車、と90式戦車で演出した台座を製作し、ゴジラ復活計画終了としたいと思っています。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!


スポンサーサイト



メカゴジラ リベット



メカゴジラはリベットが凄い数です。
リベットは打つと言うよりものせてゆきます。

材料は、エポシキ接着剤と木の粉を混ぜ合わせたものです。
エポシキ接着剤は、3分・5分・30分他ゆっくり硬化等いろいろありますが、早い硬化だと作業時間が短くリベットの頭がうまく丸まってくれません。遅いと効率も悪く頭が平たくなります。30分硬化を使っています。

木の粉はペーパーの削り粉です。これを混ぜ合わせ、竹ヒゴの先へ乗せ、ちょんちょんと着けていきます。直ぐに表面張力により半球状になります。


 材料・道具です


 直ぐに硬化が始まりますので少量作ります


 竹ヒゴの先につけて


 はみ出しはナイフで削ります

次は最後の塗装です

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

続きを読む

メカゴジラ 中塗り

ここ数日、塗装に適しない日が続きましたが、やっと中塗りが終えました。
この塗装工程はやたら時間が掛かり、一番面白くない時間です。

塗装工程を分割すると、①目止め(油性とのこを使用)②下塗装(ウレタンを3回くらい吹きます) ③空砥ぎ(320番ペーパーで磨き、素地を整えます) ④中塗り(ウレタンを3回くらい吹きます) ⑤空砥ぎ(400番ペーパー) ⑥小物部品を接着します。メカゴジラでは重要なポイント、リベットをつけます ⑦仕上げ塗り(ウレタンを3回)

小物や単純な面であればコンパウンドで磨きをかければ完全ですが、大きく複雑な面を持つ模型では無理で、仕上げは埃などが付かないように注意します。

塗装は塗っては磨き、塗っては磨きです。根気が完成度を左右します。


  中塗装を終えた全部品です

次はリベットです。リベット打ちの手法を公開(大袈裟)します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

続きを読む

メカゴジラ せびれ30枚

背びれが、頭から尻尾まで30枚揃いました。
いよいよ、めどめ・下塗りに入ります。


本体への取り付けは、下塗りの後、空砥ぎをしてからです。


 背びれの調子を見る

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

メカゴジラ 頭部の仕上げ

頭部を整形しました。
口の中は、ローズウッドを使い赤を表現。耳もローズウッド。




舌?はミサイル。歯はメープル。




 首と合体

尻尾の背びれを残し、ほぼ部品が揃いました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!

第16回クラブ・ウルトラマラソン完走!

 高知ー窪川68キロマラソン

2月10日、いつもより寒い早朝5時、高知学園校門を独りでスタートしました。

正式スタートは6時30分(タイムオーバーは午後4時30分)ですが、体力、練習量を考え、タイムより完走を目標とし、事前に主催者に了解を取り、暗い中行程68キロメートルの孤独の出発でした。

正式スタート組みにいつ抜かれるか・・・神奈川から参加のスポーツインストラクター佐藤さんに30数キロ地点で後塵を受けました。後姿は、脚が長く飛んでいるようでした。

コースは高低差があり、長い登り坂は体力を消耗させます。タイトルに完走と書きましたが、登り坂はほぼ完歩でした。
土佐久礼(漫画・土佐の一本釣りで有名)から窪川(四万十町・海洋堂ホビー館あり)までの久礼坂は最大の難所で頂上の七子峠に着いた時、完走を確信しました。


 七子峠までの距離 ー 後もう少し


 久礼坂途中 - 昨年12月に高知ー窪川間は高速道路が開通し、車なら久礼坂はあっという間!


 七子峠から太平洋を望む


 四国88ヶ所番寺「岩本寺」にゴール

来年17大会はタイムも気にしたいですね。

肩の荷が下りました。一気にメカゴジラの完成ゴールを目指します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!


メカゴジラ 上半身の仕上げ

上半身及び首の半仕上げです。



木目がこの模型の特徴です。削りすぎるとパテで盛ったり出きませんので、作り直したり、修整にひどく時間が掛かったりします。
木を切り出すとき、若干大きめにしますが、彫ったり磨いたり手を加えているうちに”しまった”と思う部分もあります。
メタボ腹が特徴のメカゴジラ、若干、腹回りがスリムのような・・許容範囲内でしょうか?


  背びれを点けた背中


  首と胴体 首が人間の頭が入る部分でしょうね


  背中

リベットなどの造りこみは、下塗り塗装、上塗り塗装、空磨き後の工程です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←良かったらボチッ!


プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR