FC2ブログ

エヴァンゲリオン 電力供給コンセント

木製エヴァンゲリオン初号機はこのブログで紹介しましたが、エヴァ本体だけでは少々寂しいと思い、電力供給の「アンビリカル・ケーブル」の制作に掛かりました。と言っても一部品ですので短工事です。
 

背中のケーブルがアンビリカル・ケーブル

エヴァンゲリオンには様々な武器類が登場しますが、これらの武器も製作し、持たせたいですね。

今回はとりあえず、電力供給器を作ります。
本体と同じく木目を生かしたものと思いましたが、カラー仕上げです。色着色をするとパテを盛ったり、素材を選びませんので楽ですが、単色の中に一点、カラーも良いと思いませんか。

 
木製エヴァ。背中の穴から電力供給。



 簡単な図面を書きました  

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good

マルゼン ワルサーP99  ブローバック不調



家族には研究用と称してトイガン(ガス銃・モデルガン・電動ガン等)をささやかに所有しています。

日本製トイガンは、外観は勿論魅力的ですが、メカニズムは機械時計を連想させるような緻密さを持っており、物作り日本の誇る工業製品です。
ただ、実銃との違いは安定した動作と耐久力でしょうか。

トイガンの素材は主にプラステック、金属部分は亜鉛合金でしょうか。これを丈夫な金属で作ると、改造によっては実弾発射が可能になるかも知れません。
ですから、トイガンは衝撃や磨耗に弱く、故障の多い玩具と言えます。メーカーも部品は消耗品と謳っています。
微妙な調整があり、故障箇所が解りにくいのもトイガンです。メーカーに託すか、高価故に捨てられず、押入れに眠るケースも多いはず。

上の画像は「マルゼン製 ワルサーP99」ガス銃です。

ガス銃は、内臓ガスタンクのガス圧で、弾丸(BB弾)を発射し、ブローバックさせたりする銃です。
ブローバックとは、引き金を引くことにより弾丸を発射し、スライドを後退させ、自動で次の装弾をさせ、発射の準備をする一連の動作です。

ワルサーP99は映画007、ジェームス・ボンドの愛銃です。ショーン・コネリー、初代ボンドの愛銃はワルサーPPK、小型ですが存在感が在り、かっこよいですね。

P99は2丁持っていますが、一つがブローバック不調です。
ガス銃故障の一番はマガジンのガス漏れ、これは正常です。
スライドを入れ替えて調べてみると、故障原因はフレーム側にあるようです。
更にフレームを正常銃、不調銃で観察すると、マガジンを入れた時動きの少ない部品があり、分解して見ると画像のような磨耗を発見。この部品は名称不明ですが、ハンマーがマガジンのガス放出バルブを叩いた時、スライドが下がりきるまでガスを放出させる役があるようです。

磨耗部分に0.3ミリ銅版を瞬間接着剤で接着し整形、組み上げました。

 マガジンを入れた時、メッキの部品の動きが少ない

磨耗部分 

 銅版を貼り付け

組み込み 

ガスを入れ、トリガーを引くと! オォーッ!手にずしんと快調にブローバック。

P99はお気に入り銃なので、グリップを木製にしたり、フレーム・スライドの塗装等、カスタムしたいと思っています。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good

書店に「GUN」誌が2種類


今、書店に月刊「GUN」が同じような表紙で2種類並んでいます。
前に、このブログで、昨年11月号で月刊GUN が休刊し、新たに、今年4月号より出版社も「ホビージャパン」に変わり「GUN プロフェッショナル」として復活したことに触れましたが、なぜ、もうひとつのGUN誌 が?

 GUN Professionals

新刊誌はユニバーサル出版の「Gun Magazine」。元国際出版の編集スタッフが中心となっているらしいです。

GUN Magazine

「GUNプロフェッショナル」は、旧GUN誌を内容面で支えてきたライター方々の、文化の火を消さない熱意と執念でよみがえった「月刊誌」と言えます。

後発GUNマガジンは、新しいライターが多いようで、先発のベテランライターの多い「プロフェッショナル」の2番煎じではいけません。また、両誌とも旧GUN誌のDNAの引き継ぎを踏襲しており、これからは内容面での勝負となると思います。




7月29日に僕も参加していた「南部式大型自動拳銃プロジェクトの制作発表会」がホビージャパン会議室で開催されました。
僕は会議に参加していませんでしたが、いち早く発表会の一部始終のDVDを頂ました。僕の作品のプレゼンは恐れ多くも、くろがねゆう氏で、会場の和やかな雰囲気が伝わってきます。多分「GUN プロフェッショナル」に掲載されるのではないかと思っています。

僕の南部大型自動拳銃が、YouTubeで紹介されています。この動画は僕の頂いたDVDとは違いますので、発表会前に撮影したものをUPしたものと思われます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good


松山エアモデラーズクラブ作品展示会2012

 

8月4・5日、愛媛県美術館に於いて、松山エアモデラーズクラブの作品展示会がありました。
中四国のプラモデル愛好家・クラブが連絡を取り合い、趣味を深め、楽しむネットワークは僕の知らない世界です。

5月に高知で開催された模型展では、近県の方の作品が多数出展され、その中で、今回の作品展示会のご案内がありました。
高知から松山までクルまで2時間余り、土佐模型クラブの方の車に同乗させて頂き、松山へ。

会場の美術館は松山城堀の中、良い環境にあります。

松山エアモデラーズクラブの歴史は35年とかで、年配の方も多く、熱い交流が出来ました。

では、会場の雰囲気を!

 素晴らしい作品が
 

オスプレイが松山城緑地に着陸?素晴らしい合成技術!


僕も4点展示させて頂きました。


 松山エアモデラーズクラブの皆さん!有り難うございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good
プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR