FC2ブログ

生姜料理専門店 林のヤモリ

今朝のテレビ、「はなまるマーケット」は生姜料理でした。。

こう、じめじめした季節にはさっぱり、そして、刺激的な生姜を使った料理や飲み物は良いですね。
生姜料理と言えば“元祖ジンジャラー・59歳のショウガ美女”『森島土紀子』さんが出演され、幾つか生姜レシビを紹介していました。

生姜と言えば高知県!高知県は生姜生産高、日本一です。
2年前、僕も生姜農家のお手伝いに行ったことがあります。背丈ほどある生姜の茎を引き抜くと、野球のグローブより大きいと思われる根、生姜が出現します。これを根と茎を切り離し、コンテナにつめる仕事です。生まれて初めての農作業としては体力超過でした。最初で最後の農作業かも知れません。

生姜の本場、高知に昨年7月、本格的な生姜料理専門店 『林のヤモリ』 が高知駅前にオープンしました。
元祖ジンジャラー森島土紀子さんの指導によるものです。

森島さんはデザインや絵もお得意のようで、「林のヤモリ」のヤモリもデザインされていました。



このヤモリを立体的にウォールナットで制作してみました。



ヤモリの髪留め


ヤモリのストラップ


高知駅を南へ100メートルほど、一度行く価値はあります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good


桑の木のお地蔵様


古い鏡台を処分することになった。
この鏡台はクワの木製で、クワの家具は貴重だとか。調べてみると・・・
クワの木質はかなり硬く、磨くと美しく、工芸用に使われる。しかし、良材は極めて少なく、特に良材とされるのが伊豆諸島で産出される緻密な年輪と美しい木目の「島桑」が有名である。
また、桑の木には不思議な「霊力」が宿っていて、薬効や魔除効果があるといわれている。
この鏡台、「島桑」かは不明だが、年輪と木目からかなり大きい木と思われる。子供の頃、蚕のエサ用の桑を見たことがあるが大木の桑は想像出来ない。
家具は厚みのある材料が取れない。脚の部分からやっと35ミリ角が取れる程度だ。



何を作ろうか?霊力から仏像・・・僕には恐れ多い・・・身近なお地蔵さん、しかし、具体的なお姿が浮かんでこない。
ネットを見ると、石像や木造、こけし風などいっぱい。参考にしながら図面?(苦労をしないから御利益ないね)を書いてみた。
桑の材質は、いつも使っているウォールナットやメープルに比べ柔らかく素直で気持ちが良い。



図面(絵)と寸法を測りながら・・木彫だから自由に作ればよいと思うけど模型作りのサガか?・・、形が出来上がるとペーパー掛け、目、口等を彫り込んで、チーク系オイルで磨き上げると、良い色とつやが出てきた。



お地蔵様に手を合わせ、「このブログが活躍しますように!」{/嬉しい/}






続きを読む

プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR