FC2ブログ

南部式大型自動拳銃・・2

フレーム上部(レシーバー)、バレル(銃身)、バレル部のレシーバー、ボルト、ファイァリングピンを制作しました。

これらは内部へ重なり合ってスムーズに可動しなければなりません。
ウォールナットの木目の入り組んだ、見栄えのする部分は内部応力があり、薄くするとゆがみが出て苦労をするところです。


上からフレームレシーバー、バレル、バレル一体のレシバー、ボルト、ファイァリングピン


それぞれの部品が重なり合ったところ、さらに、ファイァリングピンの中にスプリングガイドが入ります。まるでロシアの民族人形「マトリョーシカ人形」のようです。


製作中のマガジン、木製8㍉弾です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good

南部式大型自動拳銃 スクラッチビルド・プロジェクト



スクラッチビルド・プロジェクトはトイガンメーカーが作らないようなテーマ銃を、参加者が一年かけて制作をする企画です。今回のテーマ銃は「南部式大型拳銃」、立ち上げは昨年末。

僕のこのプロジェクトの参加は、4回目になります。諸事情により図面制作に掛かったのは7月に入ってからで、未だにメカニズムが飲み込めていない部分が多々あり、短時間の完成に大きく不安があります。

発表会は7月29日、新宿ホビージャパン会議室。
制作日記は未完成となると、見っとも無いのでUPしない予定でしたが、プレッシャーとして記録したいと思っています。

これから一週間で主だった部品を完成、それから、2週目は組み立て調整、仕上げ、完成で発表会に滑り込みセーフを想定しています。

フレーム・グリップ部分

トリガーガードとグリップセーフティー

フレーム上部(レシバー)
薄く掘り込んだので歪が出てまい、矯正しなくては

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ←Good
プロフィール

kaz

Author:kaz
子供の頃から、刃物を友として物作りを楽しんできました。人生、山を越えた今、「ちょっと見て欲しいな」という意識を持って作品を制作しています

カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR